人気ブログランキング | 話題のタグを見る

鳴き出しました(^^)

                 058.gif058.gif058.gif058.gif058.gif058.gif

    今年も梅雨が明けると、待ってましたとばかりに蝉の合唱が始まりました。
           
    何年もの間、幼虫で地下の生活をし夏に成虫としてやっと現れて秋までには命を終えてしまうという・・・
    境内の菩提樹で一心に鳴き続ける姿を観るとすべての命尊し「がんばれよ」と声をかけてやりたくなります。

    住職幼少の頃は蝉といえばアブラゼミというくらいでしたが、今は見かけなくなりほとんどクマゼミです。
    一説にはアブラゼミはやや湿度が高い環境を好むらしいです、温暖化、ヒートアイランド現象による乾燥化で
    アブラゼミには生活し難い環境になって来ていて、都市部には暖かい南方に生息するクマゼミが増えているらしいです。

    使い古された感もありますが蝉にまつわるお話。
    「ケイ蛄春秋を知らず」(曇鸞大師)ケイ蛄(けいこ)とは蝉のことです。
    夏の昆虫ですが、春、秋、冬は知らないので、どうして今が夏とわかるの・・
    夏を知るには他の季節を知って初めて夏だと分るってことでしょうか。

    蝉を私に置き換えると、自分のことは分っているつもりでも他の人、例えば家族のことは分っている?
    他の人のことを理解してこそ自分のことを知るってこと・・でしょうか?
    
    それに自分が居る今の世界がすべてと思っていても、それは比べる世界がないだけのお話です。
    他の世界、即ちお浄土のことを聞かせていただき、初めて今居る世界のことが分る・・・
    では誰に聞けばいいのでしょう・・・。

by shojutemple | 2014-07-23 20:26 | Comments(0)