人気ブログランキング | 話題のタグを見る

8月17日 「盂蘭盆会」

8月17日 「盂蘭盆会」_f0350004_16412423.jpg

明日から8月です・・・。
関西では8月にお盆を迎えます。
正確には盂蘭盆(うらぼん)と申します、「会」(え)とは法要の意味があります。
すなわち盂蘭盆会とはお盆の法要のことです。
語源はウランバーナといい、これに漢字を当てはめたのが盂蘭盆で、
意味は「倒懸」(とうけん)さかさまにつるされた苦しみという意味です。

お釈迦さまのおさとしによって、弟子の目連尊者(もくれんそんじゃ)が布施行を行い、
生母を餓鬼道の苦から救うことができたと『盂蘭盆経』に述べられています。
そして、救われた喜び、躍り上がるほどの喜びが盆踊りに繋がっていると伝えられています。


「亡くなられた先人たちのご恩に対し、あらためて思いを寄せるのがお盆である。親鸞聖人は仰せになる、
願土にいたればすみやかに  無上涅槃を証してぞ
  すなはち大悲をおこすなり  これを回向となづけたり
 浄土へと往生した人は、如来の願力によってすみやかにさとりをひらき、大いなる慈悲の心をおこす。迷いのこの世に還り来たり、私たちを真実の道へ導こうと常にはたらかれるのである。
 仏の国に往き生まれていった懐かしい人たち。仏のはたらきとなって、いつも私とともにあり、私をみまもっていてくださる。
 このお盆を縁として、すでに仏となられた方々のご恩をよろこび念仏申すばかりである。」
(拝読 浄土真宗のみ教えより)








by shojutemple | 2014-07-31 22:08 | Comments(0)