人気ブログランキング | 話題のタグを見る

模擬葬儀

12月12日「神戸国際大学 葬祭セレモニー実践論」の授業の一環として、(株)クレリシステムズ社のご依頼を受けて正寿寺にて模擬葬儀を行いました。

大学生数十名が受講した模擬葬儀の模様です。よりリアリティーを求め実際の葬儀に使用されている荘厳壇を使い、棺にはご遺体も(もちろん仮装です)、架空の遺影を安置し架空の俗名から法名もつけ、司会進行アナウンスも本番さながらに行われました。
模擬葬儀_f0350004_15011695.jpg
模擬葬儀_f0350004_20460179.jpg
浄土真宗の葬儀次第の通りに進行いたします。葬場勤行が始まり、帰敬式、弔電拝読、焼香と進みます。
模擬葬儀_f0350004_15092870.jpg
葬場勤行が終了いたしますと喪主さまのご挨拶へと、その後お別れに花を棺に納めます。初めて経験された学生さんたちも多く緊張と恥ずかしさもあったのか照れ臭そうに花を手向けて・・
模擬葬儀_f0350004_15093288.jpg
そしていよいよ出棺となります。棺が霊柩車に納められ火葬場へ参ります。
模擬葬儀_f0350004_15092499.jpg
掛かる時間も含めてすべて実際の葬儀と同じように勤修いたしました。
最後に少しだけ法話も・・なぜ葬儀が必要なのか、その意義についてもお話いたしました。

「葬祭セレモニー実践論 学外講義」としてお手伝いさせていただきましたこの度の模擬葬儀、若い世代の人たちはどのように受け止めていただいたのでしょうか??
私たちは生の中に死を意識した「いのち」を生きているのです、私もまた限りある「いのち」であること、そして今生の「いのち」を終えると何処へ行くのか考える契機にもなる別れ、そのときの心の様(悲しみ)は自ずと姿となり、それが儀式として勤められいつの時代においても必要であったからこそ葬儀は続いてきたのではないでしょうか・・








by shojutemple | 2014-12-14 21:55 | Comments(0)