人気ブログランキング | 話題のタグを見る

菩提樹

菩提樹_f0350004_21530183.jpg
境内で育っている菩提樹です。お釈迦さまがこの木の下で真理(菩提)を悟られたことから菩提樹と名付けられたそうです。
寺院によく菩提樹が植えられているのはこのいわれがあるからです。

正寿寺の菩提樹は平成7年の夏頃に阪神・淡路大震災から復興のシンボルとして、大学時代の同級生がボランティア活動の一環として仮本堂の正面両脇に二本植樹してくれたものです。

平成12年春に今の本堂の再建とともに移植され育った姿が上記の写真で,当初は二本ともほぼ同じ大きさでしたが20年近く経つと大小二本になりました。

大きさは違っていますが、それもそれぞれの個性でしょうか・・違っているのが自然で、大きさで優劣はつけられないですね。
どちらも大切な「いのち」です。

(平成7年 夏撮影)
菩提樹_f0350004_11061779.jpg
菩提樹_f0350004_11054907.jpg

菩提樹_f0350004_11064303.jpg
               正寿寺菩提樹の葉です




# by shojutemple | 2014-07-14 14:27 | Comments(0)

道標


道標_f0350004_19221008.jpg歴史の道しるべ・・

地元の方々により石碑が設置されました。

当地を大切にとの思いからでしょうか・・

住職幼少期はまだ田畑が多く浜は漁業が中心で半農半漁の町でした。

町並みは変わりつつありますが古きを偲び、わが町を愛する心は変わらない。

計四カ所設置されています。
# by shojutemple | 2014-07-02 08:29 | Comments(0)

いいコンビです

049.gif         

若住職の篳篥練習中に乱入してきたチョコは負けじと参加して伴奏のつもりでしょうか003.gif

それともハッパかけてるのでしょうか?

憎めないヤツです037.gif


# by shojutemple | 2014-06-18 21:10 | Comments(4)

先日行われた寺子屋セミナーのレポートです。
日曜の午後ですが、約70名の皆さんにお集りいただきました。

葬儀に於ける宗教的な役割を考えようというセミナーです。

まず大学にも出講しておられる講師さんに葬儀の歴史、変遷、そして行う意味を講義していただきました。

「地域のしきたり」を重んじるから「社会的な儀礼」として、

そして「個性化(個人とのお別れ)」を重んじる傾向が増えているのは間違いなく、この「個性化」の中に直葬(無宗教)が含まれているようです。

メディア情報は過多で、しかも事実とは違う場合もあり惑わされていることもありますが、一握りの宗教家の倫理観のない経済観念も無宗教葬儀の増加に繋がっているのは間違いないと思われます。


その後ディスカッションが行われコーディネーターからの質問に僧侶、葬儀社、各々の立場から意見交換され、また参加者からのご質問を受ける時間も取らせていただきました。

コーディネーターから聞き慣れない言葉が・・「グリーフワーク」です。 直訳すれば「悲しみの作業」となります。

家族、親しい人と死別する体験、此処に居るべき人と今生の別れを遂げ、新たな人生を送らねばという悲嘆は最も深く大きな悲しみであると思います。

ここから如何にして立ち直るまでの「心のケア」のことが「グリーフワーク」でしょうか。

亡き人は仏さまになりました・・と言っても直ぐに受け入れることはできないでしょうね・・当然です。

大切な人との別れは「何のために生きているのか」「死んだらどうなるのか」という人生そのものについて考える契機となることが多く、

釈尊が説かれた「すべてのものは常に移り変わり、同じところに止まらない」という「諸行無常」の道理を知るご縁ともなります。

この無常の現実に真正面から向き合わなければならない場面が葬儀ともいえ、自分自身の「死」への不安も呼び起こされます。

その時に阿弥陀如来の法(みのり)を聞くことによって「浄土に生まれ、後に残った者を導く仏となり、そしてまた会える」ということに気づかされる時が必ずやってきます。

悲しみに寄り添い、そのことをしっかりと伝えることが僧侶の務めであり「グリーフワーク」と再認識させられたことです。

ただし伝統だけではなく、時代に即応した新しい伝え方ができる仏事を作り上げることも大切ではないかと・・・034.gif

これも「応病与薬」でしょうか・・・

6月15日に行われた「寺子屋セミナー」_f0350004_14521784.jpg
この度のセミナーにご参加いただきましたご門徒様、そしてご協力いただきました講師さん各位には大変お世話になりました。

有難うございました。



# by shojutemple | 2014-06-18 00:32 | Comments(2)


寺子屋セミナー 「今 宗教の役割とは」_f0350004_20315795.jpg
  
 宗教離れ お寺離れ そしてお坊さん要らない「直葬」という名の葬儀(と言えるのか?)が増えているようです。

 何故か? いろいろと事情もあるようですが
 このような状況が増えつつある原因のひとつが
 私たち僧侶・・・。

 その本文や使命を果たしてこなかった、痛みや悲しみに寄り添うことなく
 限りある「いのち」であるからこそ
 どう生きるか? を伝えてこなかった・・。

 蓮如上人は「坊主は大罪人なり」と・・。
   (『蓮如上人御一代記聞書』)
 
 さて今回のセミナーでどんなご意見が飛び出すか楽しみです。
 
 改めて葬儀の向こうにあるものを
ともに考えさせていただきたいと思います。


# by shojutemple | 2014-06-13 21:26 | Comments(0)